足を踏み入れた沼は深かった

右足は黄色い嵐沼、左足は黄色いNEWS沼に。

171103(9:50の回) ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜初日舞台挨拶(ライブビューイング)

二宮さん、上下黒・シルバー・クリーム色のストライプスーツ!髪の毛は(左:右)=2:8くらいでおでこ見えてて、めっっっっちゃくちゃかっこよかった!

f:id:pyonyokyamasu:20171103184507j:image

キャストの登壇。誰よりも深く頭を下げる西畑くん、推せる。
(.゚ー゚)「全国の皆さん!二宮ですよ!(後ろのカメラとアップのカメラにキメ顔)ちょっと春日みたいでしたけど…今日はよろしくお願いします」
(西島)「全国の皆さん、そして僕の地元の南大沢の皆さん、おはようございます」
(宮崎)「7回目ということで徐々にみんな壊れていくのがおもしろいです」
(西畑)皆さんこんにちは!そして僕のふるさと大阪のみなさんこんにちは!上映を迎えられて嬉しいです。よろしくお願いします」
(司会)「今日11/3は嵐のデビュー日ですね」
(.゚ー゚)「ありがたいです。自分の映画の公開日とデビュー日が一緒なんてそうないですからね。一緒の週とかだったらわかるんですけど。嵐のみんなに話したら、そうなんだぁ!って驚いてましたね。きっと嵐のみんなもどっかの劇場で見てくれてると思うんでね!(カメラ目線)」
(綾野)「結成日は9月なんですけどね…」
(司会)「今回はじめての上映後の舞台挨拶ということで、今後2度3度と見ていただきたいと思いますが、今度見るときはご自分のシーンでここを見てほしい!あるいはここ見て気づきました?というのを1人ずつお聞かせください」
(考え込むキャスト)
(.゚ー゚)「…じゃあ西島さんお願いします〜!」
(西島)「えええ!?僕から!?!」
(.゚ー゚)(笑)(笑)(笑)
(西島)「僕はねえ…やっぱり西畑くんかな。鎌田がいつ変わるのかとか。表情も。西畑くん真面目だから、すごく計算しながら演じてたんじゃないかな。」
(司会)「西畑さんいかがですか?」
(西畑)「監督にいろいろ聞きながらやりました」
(.゚ー゚)「料理を監修してくださった服部さんがお客さんで出てます!」
(会場)\えぇぇぇ〜!?/
(西島)「え!?牡蠣投げてるところしか見てなかった…」
(綾野)「なんなら僕料理出してる」
(.゚ー゚)「ロシア美女とデートしてますからね(笑)」
(綾野)「1番炒飯作る練習してた西島さんが炒飯全然作ってないところですかね。あと、エキストラさんの分の炒飯も僕がつくりました」
(宮崎)「西島さんのスーツ姿です。ちょっと横向いてください。(西島さん、宮崎さんに向かい合うように横を向く)あっ、逆…(笑)この背中の、筋肉のつき方がすごくかっこいいので注目していただきたいです」
(西畑)「会合みたいなところに料理を運ぶシーンがあるんですけど、鉄でできてて。10kgとか15kgあってすごい重くて、何もないような顔をして運んでるんですけど手がプルプルしちゃって(笑)プルプル見てください」
(司会)「涙しているお客さんも大勢いらっしゃいましたが、最近涙したことを教えてください」
(西畑)「僕、大阪に住んでるんですけど、こないだ東京でお仕事があって新幹線で帰ってたんです。でも台風の日で静岡駅とかそのくらいで止まっちゃって。10時間とかそのくらいかな。お腹すいたな〜とか思いながら関西ジャニーズJr.のメンバーに連絡したんです。そうしたらテレビ電話するか?って言ってくれて。僕は新幹線の中だったんで喋れないんですけどイヤホンしてそれを聞いてて。朝の4時とかまで付き合ってくれて、それ終わった時になんか涙しましたね」
(宮崎)「この間映画祭に参加して、自分の10年以上前の作品が上映されてそれを見たんです。監督さんとも10年ぶりとかに再会して、それも泣けたんですけど。映画は残るからそれを何年も経った後にも見れるし、映画っていいなあとグッときました」
(竹野内)「…泣かないんですよ。この間ドラマの撮影で都内から少し遠い場所でクランクアップしたときに、共演していた麻生久仁子さんがわざわざ来てくれて。そのときはグッときました」
(西島)「僕もこの間映画祭に参加して。18年来の友人がいるんですけど出会った頃はペーペーで。でも助監督、監督…と段々立派になってここ5年くらいドキュメンタリーを撮ってて。舞台挨拶してる姿に涙しました」
(綾野)「2つあるんですけど。まず1つ目はボクシングの村田選手が勝ったときですね。僕たちの仕事はある意味で”虚構“なわけで。アスリートの方は”本当“なんですよね。それに少し憧れるというか。でも僕たちも用意スタートカットまではノンフィクションなんですけどね。2つ目は、ラストレシピの5分割されたポスターがあるんですけど。それを嵐さんが真似してくれたみたいで…!」
(.゚ー゚)「それはいいよ!」
(綾野)「僕の役を大野くんがやってくれたことです!」
(.゚ー゚)「好きだもんねえ」
(綾野)「グッときました」
(.゚ー゚)「涙こそ流さないんで…グッときたことでいいですか?この間ロケでカエルを触るというのがありまして。僕そういうのすごく苦手で、でも頑張ってテレビにわぁってカエル見せたりとかしたんです。それを嵐のメンバーが頑張ったね!って言ってくれたことです。わかってくれた!ってグッときました」

フォトセッションへ。この回は7回目の舞台挨拶。ニノちゃん営業スマイル素敵でした。

(司会)「では最後に出演者を代表して西島さん二宮さんメッセージをお願いします」
(.゚ー゚)「繋いでいくことって簡単なことじゃないと思っていて。繋ぎたいと思う人が繋いでいきたい人に受け継いでいく特別なことだと思う。」
(.゚ー゚)「いろんなところで見てほしいですね!六本木の二宮もっとかっこいいだろうと思いますよ!」